「いいひとだけど」に足りないものは?

「いい人だけど・・・」というお断りの理由は多いですよね。
友達の紹介や、あるいは親戚の方からの紹介、またはお見合いのお返事のお話です。
さて「いい人」とは一体何なのでしょう?
もちろん「悪い人だから・・・」よりは数倍やさしい言葉ではありますネ。
「いい人だけど・・・物足りない」「いい人だけど・・・何か違う」
「いい人だけど・・・疲れる」 と、色々と続く言葉があるでしょう。
結婚は「縁」ですから、会う人会う人に結婚という「縁」があるわけでは無い。
ある意味、こういった断られ方はしょうがない部分もあります。

しかし、この「いい人だけど・・・」の中には本当はどんな意味があるのか?
そこを考える事は、大事な事なのだと思います。今後の為にも。
例えば「いい人=正直な人」という意味で考えてみましょう。
そこから一歩踏み込んで「正直な人=嘘をつかない人」ともいえるでしょう。
その「嘘をつかない人」について、もう少し考えてみると・・・
「嘘をつかない」っていい事だけど、本人に悪気が無い時もあるので、困りもの。
例えば今までにしたお見合いの回数とか、そのお見合い相手の色んな話とか。
いわゆる自分の過去のお見合い話を正直に話す ような正直な話もあります。
えてして言ってる方には悪気が無いことも多いのが、玉にキズだったりします。

言ってる方は正直に喋ってスッキリ。聞いてる方は? どうでしょうか?
何でもかんでも正直に話すことは自分だけがスッキリすることが多いのでは?
その話を聞いた相手がどのように思うか?そこに思いが行き届いていないのでは?
「正直」という素晴らしい行為は、使い方を間違えると相手を困らせる事もある。
それよりも大事な事は相手のことをもっと考え、理解しようとすること。
二人の空間(関係)をもっと楽しく大切にしようという努力だったりします。

「正直」なのはいいけれど相手の事に思いが行かない「正直」は???です。
この話を相手にしたら「喜んだり、笑ったり、共感してくれたり」するだろうかと。
あるいは相手が「不愉快に思ったり暗くなったり悩んだり」しないだろうか と。
何でも正直がいいのではなく一旦、自分で消化吸収してから話す方がいいのでは?
それが想像力であり相手の事を思いやる、真の意味の「いい人」なのでは?と思います。
「自分の喜びばかりではなく相手の喜ぶ顔が見たい精神」とでも、言いましょうか。
「正直」も使い方ひとつで、プラスにもマイナスにもなるって事ですね。

そういった「相手のことを思いやる練習」はいつでもどこでも出来ますよね。
「自分の言葉」は「相手」にどう伝わるだろうか? と思いをはせる訓練。
やはり「正直」には「思いやり」というスパイスも付け加えないと勿体無いです。
そして「正直」とは、相手が喜ぶ「正直な話」でありたいものですね。
何といっても、これから二人の未来を築いていこうとしているのですから♪
同じ正直ならば、「未来の自分の姿」を正直に相手に伝える方が絶対いいです。

やっぱり、人生には明るく楽しい「夢」がないと!
すると「いい人だけど・・・」という言葉が「一緒にいて楽しい人」や
「素晴らしい人」そして「ずっと一緒にいたい人」等に、変わっていくのでは?
その為の、基本はいつも書くように、やはり「思いやり」なのだと思います。
その思いやりで相手が喜んでくださる「いい人」であればいいのではないのでしょうか。

本気で結婚したいと思われた方はメールかお電話にて、お気軽にご連絡(予約)下さい。
ENは無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない「結婚に最も近い相談所」です。

1年以内の結婚を目指して! -- 1年婚活しませんか --

10日に1組の成婚が誕生している、福岡の結婚相談所・ENは、無料相談の際に相談所の婚活方法や、相談所の違い等をわかりやすく説明しています。無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない、「結婚に最も近い相談所」です。下記クリックで空いている時間がわかります。